平成最後のブログ

今日は平成最後の日。

平成の30年間、本当にいろいろありました。
苦しかった時、楽しかった時。今こうしていられる事に感謝です。

不定期掲載のレベルフォーブログですが、平成最後を飾るブログは・・・ ワンコネタでもバイクネタでもございません!!

10連休の始まり4/27~28、幕張メッセでニコニコ超会議が開催されました。

二日間で16万人もの方が来場するビッグイベントです。
第8回目との事でしたが、今回初めて行ってみました。

会場は毎年参加している東京ゲームショーと同じ幕張メッセ。もう約20年毎年行っているので幕張は良く知っているホームグランド的な場所です。

メッセの1~8ホールまで使った広大な会場ですが、沢山のご来場でどこもにぎわっていました。下は会場に入るまでの人の列です。

東京マルイさまブース。 マルイのデモカーがカッコ良すぎです。日本が世界に誇るTOY GUNの展示に沢山の方が見入っていました。デモカーのルーフ銃座には今後発売されるMK43が設置されていました。

すごく可愛い痛便器の展示。この横ではバーチャルにウン●の触感を体験できるコーナーがありました。 健康なウン●、ゆるいウン●、便秘の時の硬いウン●と体験し、ウン●を身近に感じる事ができました!! こんな便器だと1日中トイレに籠っていたくなっちゃいますね。

2525のハッシュタグで有名な自衛隊ブース。自衛隊の方々もこう言うイベントでも頑張っていらっしゃるのです。 アメリカ兵器買いすぎ!!と言われがちですが、国産兵器の進歩にも力を入れて欲しいものです。 日本は基本的に専守防衛なので、海を渡って日本領土に上陸した侵略者を排除が主な戦略の一つとなります。他には離島への侵入者の排除、領空・領海への侵入者の排除ですね。専守防衛には高機動型の兵器がとっても重要なのであります。

写真がブレブレですがKADOKAWAの人気ゲーム殺戮の天使の前。ザックと同じポーズをしてみました。7月から再放送が始まるようですね。ザックのパーカーが欲しい。

他にもグレイとゴールデンボンバーが出演したり、人気の超歌舞伎があったりとイベントも盛りだくさん。

超会議、超盛り上がっていました。

きたる新しい年号の時代はどうなるのでしょう。 と言いますか、どうして行くかですよね。

皆様にとって幸福で豊かな令和になりますように。

恵比寿で打ち合わせ

毎朝のパトロールで満開のツツジに癒される今日この頃。

先日打ち合わせで恵比寿に行ってきました。

約25年ほど前一時恵比寿に住んでいた事がある思い出の駅。その後ガーデンプレイスなどが出来、駅もすっかり変わってしまいました。

当時駅の東側は昔ながらの定食屋さんなどがありゴミゴミした区域でしたが、すっかり綺麗になって昔の面影は全くありませんね。

この日の打ち合わせは全世界に開発スタジオがある世界3位のゲーム会社さまです。
規模が大きすぎて良く分かりませんが、数年前からちょくちょくお取り引きさせて頂いていて、今回はNDA(守秘義務契約)を含め、商品化についての打ち合わせでした。

この日は打ち合わせもスムーズに行き、新しいプロジェクトのスタートを切りました。

急ぎの物もありますので、ゴールデンウィークは休まず頑張って進めたいと思います !!

レベルフォー唯一の広報活動?

わがレベルフォー唯一の広報活動と称して行っているバイクレース。
今年も始まりました。

グッドスマイルさまや、エフ商会さまもレースへのスポンサーしています !! 我がレベルフォーレーシングチームもLEVEL4(キャラクターグッズ)、NO NEED NEW(アパレル)、TAKE IT EASY(パーソナルジム)、TOYDRUNK(造型)のスポンサードを得て活動しています。ぐらいの気持ちで楽しくやっています。

レースの前に整備の模様を。レースを控えた1週間前の週末。チームのみんなで集まってワイワイとマシン整備をしました。

昨年のレースから全く整備していませんでした^_^; この日の整備は車体全体一通りを整備。

腰上を開けてピストンとシリンダーの状態を見ます。必要があればピストンとリングの交換まで考えてパーツを用意しておきましたが、開けてみると状態は良くこのまま継続使用する事にしました。耐久レースなので、ガソリンと2ストオイルの混合比をやや多めにしているお陰かもしれません。若干パワーは抑え目になりますが、耐久性は上がります。
キャブやゼッケンなどはモロさん(NO NEED NEW代表)にお任せしました。

そしてレース当日

昨年プロレスラーでデビューした悟さん。レース前に車に積んであったS-10レスピュレーター(SASが使ったガスマスク)をかぶって遊んでます。元日本チャンピオン。

レース前、必ず行うライダースミーティング風景。安全にレースをするために全ライダー参加です。

練習走行前に最後のチェックをするモロさん。これはタイムアタッカーの装着の確認でしょうか。

モロさんは前回のレースではタイムが伸びなかったのですが、今回のレースで開眼 !! 一気に自己ベストタイムを縮めました。見ていても速いペースでスムーズに周回していました。順位は今一つでしたが、モロさん的には納得の走りができたのでは無いでしょうか。
今回いつも写真を撮って頂いているスタッフ山ちゃんさんが仕事の都合で来れず、残念ながら走行の写真は無いのです。

なんと、ピットインサインの行き違いで間違いピットインと言うロスが!!
そんなこんながあり表彰台には届きませんでしたが、無事完走し初戦を終わる事が出来ました。

今シーズンも始ったMOTO GP。先週第3戦 アメリカグランプリがあったのですが、なんと世界のトップで戦うチームでもピットサインのミスがあり、ライダーはガッカリと言うアクシデントがありました。あんな事もあるんですね~~。

でもやっぱりサーキットは楽しいですね !! みなさんも是非サーキットで走りましょう !!

同時進行の案件

ブログ更新がかなり開いてしまいました。

現在通常業務のほか、同時に3つのプロジェクトがスタートしかなり忙しい状況です。

そんな中カプコ○様へ打ち合わせにお邪魔しました。
場所はいつもお伺いする新宿高層ビル群のひとつ。

ロビーフロアの模様。大理石の床が日本経済の中心にふさわしい雰囲気を醸し出しています。

ロビー階から眺める中庭。この高層ビルに毎日出勤されている方も多いのですよね。

そして●プコンさまへ。可愛いアイルーがお出迎えしてくれています。癒される…。

商談室にお邪魔し、高層階から窓の外を見てみます。目の前には都庁がド~ン !!

この日はサンプルを持ち込んで最終チェックをして頂きました。OKが出ないと生産に進めず、納期が厳しくなります。
この日は問題なく進めましたが、中には納期ギリギリになってしまう物もあり、そういう時はチェックの後直接工場さまに行き、現場で調整しながら夜中まで残業して製品を上げるなんて事もあります。
なるべく余裕を持って進めたいのですが、いつもそうとは限らないのがお仕事ですね。

進行中のプロジェクトはまだ公表する事はできませんが、楽しいアイテムを御紹介できるよう頑張ります !!

特撮映画美術監督 井上 泰幸 展

ヘドラ、エビラ、カマキラスなどの怪獣、スーパー兵器メーサー殺獣光線車を生み出し、「キングコング対ゴジラ」の国会議事堂ミニチュアセットや「怪獣大戦争」のX星セットを作りだした、特撮映画美術監督に井上 泰幸氏。
65周年を記念するゴジラや円谷英二氏を支えた東宝時代などの作品を展示。

4/18~4/30
グランドニッコー東京 台場3F
11:00~18:00(最終日は17:00閉場、入場は閉場の30分前まで)

レベルフォーも会場で販売するTシャツで御協力させて頂いています。
特撮映画ファン、怪獣映画ファン必見です !!

怒涛の出荷終了

今週、怒涛の出荷が終わって、ようやく一息つきました。
昨年末に企画を詰め、お取り引き様の通販サイトで受注開始。1月中から生産に入りました。国内工場での加工など製造に割と時間のかからない商品が多かったため、なんとか2カ月弱で上げる事が出来、先日納品。

と言っても、バイ●ハザードRE:2のプリントTシャツなどは本当に何回も何回もサンプルを繰り返し、まさに納期ギリギリ。なんとか乗り越える事が出来ました。

今は今年65周年を迎えるGODZILLA(ゴジラ)の製品を急ぎ進めています。

そんな中、先日ブログでご紹介しました「MADE IN HEAVEN Tシャツが大好評を頂いております。バイオハザードグッズ初期の頃からMADE IN HEAVEN柄は幾度となく販売させて頂きましたが、今回のRE:2はデザインも大分変わっていますね。

そして、対をなすのがR.P.D. Tシャツです。こちらもご好評頂いております。MADE IN HEAVENがややタイトなシルエットBODYに対し、こちらはベーシックなシルエットのBODYを使用しています。

しかも5.6オンス。一般のキャラクターTシャツに使われている4オンスに比べると1.6オンスも違うしっかりしたハイクォリティーBODYです。

なんと言っても大きな特徴は袖に縫い付けられた総刺繍ワッペン。しかも両袖にしっかり縫い付けられています。


デザイン、色、仕上がり共にゲーム中の物が完璧に再現されています。
仮にワッペンだけ販売されたとしたら、裏にマジックテープ凹凸が付き、台紙付きで1枚¥2000ぐらいでしょうか?
としますと2枚で¥4000。こちらのTシャツが¥4800(税抜き)なので、プリント入りのTシャツ本体は¥800!?
そんな事は無いですね。TGS2018で先行販売、その後カプコ●様の通信販売で販売、その後各ショップで販売とかなりの数を一気に製造する事により、コストダウンが出来ているのですね。
バックのプリントはゲーム中のレオンの背中と同じ。

実は私も気に入って、2枚持っています。

これから暑くなる時期ですね。ワッペン付きのTシャツでの外出、今からワクワクします。

バイオハザード メイド・イン・ヘブン Tシャツ 好評発売中 !!

BIOHAZARD RE:2 バイオハザード RE:2 発売されるや凄い人気ですね !!
原作は1998年に発売されたバイオハザード2。当時はPlayStationでした。それでも当時は十分綺麗な画面だと思って楽しくプレイしていましたが、今や超リアル映像になって復活 !!

そして、クレアの背中に描かれていた「MADE IN HEAVEN」もデザイン一新。東京ゲームショーで先行販売して即完売していたTシャツを好評発売中です !!

ハーレー ダビッドソンでラクーンシティーに赴くクレア・レッドフィールド。当初バイカー系Tシャツで好まれる、プリントを染み込み系のインクを使ってサンプルを作成しました。Tシャツのプリント方式は様々あるのですが、一般に使用される油性系インクに対して、生地の編み込みと繊維自体にインクが染み込む水性系のインクがあります。1Stサンプルはそちらで作成。その他生地色を抜いてプリントする抜染などもありますが、製品の仕上がりが違ってきます。プリント手法によって製品の個性が変わってくるのですね。
ボディーもR.P.D. Tシャツと比べ、若干タイトのシルエットにしています。Tシャツの上に革ジャンをはおるライダー向けに、タイトシルエットにしました。

水性インク使用のサンプル

ボディー色の影響を受ける水性インキの特性で全体的に地の濃い赤(バーガンディー)が出ています。これはこれで良い雰囲気で好きなのですが、事前に公開した画像データに近い色にしましょう !! と言う修正が入り、インキを油性ラバーに変えて再サンプル作製。

今度は柄全体がハッキリでています。どちらも好みの分かれる所ではありますが、カプコン様のチェックで最終的にこちらが採用となりました。

ちなみに比べてみるとこんな感じです。

こうしてBIOHAZARD RE:2 MADE IN HEAVEN Tシャツが完成しました。

こちらもかなりの人気アイテムです。是非どうぞ !!

アメリカ研修

ブログが大変開いてしまいました。申し訳ございません。

年が変わり、すぐによんどころない事情でバタバタしその後すぐアメリカ研修に出ておりました。

この間ご発送業務をお休みとさせて頂きまして、ご注文の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。
この場をお借りいたしまして、深くお詫び申し上げます。

商品開発も行う弊社は、さまざまな情報入手が重要と考えております。この度の海外研修も今後の商品開発に活かしてまいりますので、
どうぞご理解・ご容赦頂けますと幸いです。僕は企画開発には多分に妄想力が必要と思っています。子供の頃から人一倍妄想しがちな子だと自覚している自分にとって、見る前と見た後のギャップの差に驚く事もしばしば。なので逆に実際に目で見る事はとても大事な事なのです。

研修先はアメリカ・ネバダ州ラスベガスとカリフォルニア州ロサンゼルスです。9日間でしたが、とても有意義な研修となりました。

出発の成田空港。
いつものエコノミークラスですが、いつかはビジネスクラスで渡米したいものですね。

ラスベガスでの滞在はLUXSORホテル。ラスベガスでは有名なMGMグループのホテルですが、いかんせんもう大分古いですね。

5泊のラスベガス滞在ですが、観光等はほとんどせずにお仕事です。

一緒に行ったSTAFFとストリップ通りで。ネバダ砂漠にあるラスベガスは昼夜の気温差が激しいです。
昼間は半袖でも、夜はダウンが必要なほど。

お仕事ですが、夜はカジノやショッピングモールに買い物に行ったりはしました。

ラスベガスで5泊した後はロサンゼルスに移動。せっかくのアメリカなので、こちらではカリフォルニアを満喫します。
カリフォルニアの青い空とパームツリー。西海岸はイメージ通りの所です。本当最高ですね。

ハリウッドです。映画で有名なチャイニーズシアター前

実は研修前のバタバタと出張でアメリカで体調を崩してしまい、この時もちょっと体調がすぐれませんでした。

が、映画「LA LA LAND」や「理由なき反抗」の舞台となった高台のグリフィス天文台に行ってきました。

ちょうど夕方。LA LA LANDにも出てきた美しいサンセットを見る事ができ感動。映画のワンシーンのようなパープルに染まる街と海が一望できる素晴らしい場所でした。

後半は体調を崩してしまいましたが、有意義な研修となりました。今後の商品開発に活かせていきたいと思います。

そしてず~~っと日本食から離れていましたので、最後にアメリカのYOSHINOYAに行きました。
よく言いますが、アメリカの食事はとにかく量が多い。カロリー取り過ぎだと思うのですが。

が、やっぱり日本の吉野家とは全く違いますね。約10日でしたが、やはり日本の食べ物が恋しくて我慢できなくなっています。

ロサンゼルス国際空港。

帰国後すぐに醤油ラーメンを食べに行きました。やっぱりご飯は日本が優れていますね !! 味も量も日本食が一番だと実感しました。

 

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は格別のご厚情にあずかり、心よりお礼申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

毎年干支にちなんだ年賀状を作成していますが、今年は3倍の時間をかけて作りました!!

勝利の栄光を君に

2019年 元旦

LEVEL4 co.,ltd.

今年も一年大変お世話になりました。

今年1年、レベルフォーをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。

皆様にとって、今年はどんな1年だったでしょう?

レベルフォーは、今年1年を一言では表せないです。ただ一つ確かな事はご利用頂いた方への感謝の気持ちです。
本当にありがとうございました。
いろいろな方から、直接やメールなどで励まして頂いたり、お叱りを頂いたり。その全てに感謝の年でした。

日が変わればもう2019年。

2019年が皆様にとって、素晴らしい年でありますようにお祈り申し上げます。

そして2019年もレベルフォーをどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

バイオハザード ラベル 検証 その②

前回、バイオハザード レオン・ボンバージャケットのラベルについて見てみました。

バイオハザード ファンの方でハンクベストに付いているラベルに関してブログを書かれていらっしゃる方を思い出しました。

その方はバイオハザード製品に付いているラベルをご覧になり、「ガッカリした」と書かれていらっしゃいました。
付いていたラベルの内容が洗濯の仕方だったためのようでした。

そこで今回はBIOHAZARD HUNK VESTのラベルに関しても検証してみようと思います。

ミリタリー物を生業とし早20数年。米軍のWW2物から朝鮮戦争物、ヴェトナム戦争物、湾岸戦争物、現用の最新装備までさまざまな実物やレプリカを手にして見てまいりましたが、「米軍に限らず実物に付いているラベル」はいたってシンプルです。
先日のフライトジャケットにも情報は数行しか入っておりません。残念ながら軍用チックな使用方法などはほとんど付属ぜず、品名や発注年代、製造メーカー名の他は分かりやすい文言の洗濯ラベルが付いているだけです。多分文字の苦手な兵士にも十分理解できるようにとの配慮だと思われます。(クレイモアBAGなど一部取り説のようなラベルが付いている物も極まれにありますが)
私がアメリカの装備会社にデザイン提供しているBDUや装備品も実際に現在も米軍特殊部隊、某大国特殊部隊で実際に使用されていますが、こちらに付けているラベルも米軍企画に準じた、いたってシンプルな物を付けています。

HUNK(ハンク)の装備はTLBV(タクティカル・ロード・ビアリング・ベスト)と呼ばれるマガジンやグレネードを携行するタクティカル・ベスト。TLBV(Tactical Load Bearing Vest)は1987年に米軍で採用されたウッドランド迷彩の戦闘用装備で、アフガニスタン、イラク戦争でも使用されました。ヴェトナム戦当時、海軍特殊部隊Navy SEALsがローカルメイドで作ったベストがベースになっていると思われます。試作品や民間タクティカルメーカーも同様のTLBVを製造しており、民生品ではODやカーキ色も存在しますが非常にレアです。まさに当時は現用装備への装備の過渡期と言えるでしょう。現用のように防弾ベストと装備携行用のベストが一体となっておらず、防弾ベストの上からTLBVを装備していました。隠密作戦時のハンクは重い防弾ベストは着用せず、軽快さを優先した装備とした事が伺われます。

早速実物ラベルと見比べてみましょう。
下写真、実物のこの部分に付いているラベルです。TLBVにはこれ以外のラベルは付いていません。

左がハンクベスト、右側が実物TLBVに付いているラベルです。米軍実物に近い表記にしてあります。

上から
① 正式製品名称

② 俗にDLAナンバーとかSPOナンバー言われる物品番号(STOCK NUMBER/ストックナンバー):
米軍では米国政府所管の物品に付与する管理番号で米国備品番号を意味します。1994年にDLAからSPOに変更となっています。この方式で見るとハンクベストは1996年製を意味している事が分かります。(※あくまでゲーム内の設定に則した架空の設定です。実際の本製品は2017年製2018年1月発売です。)
ハンクモデルに付いているラベルのSPO100-96-C-U.S.S部分のSPOとは米軍のそれでは無く、UMBRELLAがSPecial Operation用(特殊部隊用)としての意味で使用しています。この行を解読しますと、SPecial Operation(特殊部隊用装備品)-96年製造-CAPCOM-U.S.S.を現しています。

ちなみに試作品はSPO部分がDAAK(ネイティック陸軍研究開発技術センター)、DAAD(民間企業の作成したテスト品、陸軍テスト・効果確認司令部)と表記されています。

③使用素材:
ハンクモデルではあえて明記していません。(素材詳細隠匿の意味)
製品素材はポリエステル100%。原産国と一緒にJANシールに表記して貼り付けてあります。製品はタクティカルベストや装備品を製造している工場で製造されています。

④製造したメーカー名:
レベルフォー

⑤納入業者番号
ハンクモデルではあえて明記していません。(詳細隠匿)

⑥洗濯注意書き
米軍のラベルに沿った内容としています。

ラベルには巨大製薬企業Umbrellaのマークと自社のセキュリティー部門U.S.S.のマークとロゴがアンブレラ社の所有物を表しています。

ハンクは数種類のバージョンが存在し、その中のいちモデルを製品化しています。

ミッションによってさまざまな火器を使い分けるハンク。着用するTLBVはこの時代ではまだ一般的で無かったMOLLE(モジュラー・ライトウェイト・ロードキャリング・エクイップメント)システムをいち早く実戦投入していたのか? 

一見イギリス特殊部隊S.A.S.に近い装備に見えるが、背中に付ける独特の形状のポーチはドアをこじ開けるドア・エントリーツールを入れるのに適した形状だ。
ショルダー部分とBODY部分の色が違う点もハンク装備の大きな特徴。

いくつかの装備を組み合わせて彼独自の装備にカスタムしていると想像できる。
マガジンポーチは市販のMOLLE対応品と自由に交換できるので、ご自分の装備に合わせて組みかえる事が可能。

もともとが防弾ベスト(ボディー・アーマー)の上に装備する事を考えられているので、胴周りはやや大きめに出来ています。

 

バイオハザード ラベル検証

Merry Chrithmasu !!
いつもこのブログを観て頂いている皆様、メリークリスマス !!

依然人気のバイオハザード レオン ボンバージャケット発売中です。
ボンバージャケットと言えばB-3が有名ですが、レオンが着用しているのはB-3をより軽快に改良したB-6ボンバージャケットがベー スとなっています。(B-6はB-3に比べ裏ボアの毛足が短く、襟が小さい等の改良が加えられたモデルです。これをさらにレオン用にカスタムした物がゲーム中で着用されています)

すでに2009年の発売から何度か追加生産が掛っている人気のモデルです。
バイオハザード4が2005年発売、このジャケットが4年後の2009年発売。ゲーム発売と合わせるのが一般的ですが、実は2005年当時、納得のいく合皮が無かったのです。捜し続ける事4年。ようやく納得のできる生地を見つける事が出来、製品販売にこぎつける事が出来た商品です。表の合皮は非常に良く出来ています。
そしてこだわったのが、1部本革を使用した点。実物のボンバージャケットは超高価でかさばります。レオンのイメージを損なう事の無いよう、軽快で保温力が高く、そして部分的に本革を使用する事で高級感も出せ、着やすく格好良いジャケットに仕上がっています。

しかし、今日は本体ではなく、襟のラベルについて書いてみようと思います。ほとんどの方は「あ~、ここもフライトジャケットっぽく作ってるんだな」くらいに思われていらっしゃると思いますが、フライトジャケットがお好きな方なら気になる部分。

早速レオンボンバージャケットの襟ラベルと実物B-6のラベルを見比べながら解読してみましょう。

写真の左側がレオン・ボンバージャケットのラベル。写真右側が実物B-6のラベルです。
上から順に

①モデル名:
実物は「TYPE B-6」となっているのに対し、レオンボンバーの方はレオン専用にカスタムされているので「LEON」の文字が追加されています。

②製品を規定する番号:
B-6の製品を表す「DRAWING NO.39H 4825」と表記 ※実物ラベルは略してDWNをなっていますが、製造工場によりどちらも使用されています。レオン・ボンバージャケットも実物同様、ベースなったB-6を表す番号が使用されています。複数の工場で作られたB-6もここは皆同じ番号です。

③納入業者:製造メーカー

④納入メーカー番号:番号●●を●●が納入のような意味が入る。
レオン・ボンバーでは初年度納入日2009年10月6日を表しています。

⑤納入業者名:
レベルフォーで製造された事が明記されています。

⑤所有権:実物B-6はPROPATY(所有物)の後に何も書かれていない物が多い。B-6ボンバージャケットが使用された1939~はアメリカ陸軍航空隊(U.S. Army Air Corps, USAAC)から1941年アメリカ陸軍航空軍 (U.S.Army Air Forces; USAAF)に改名される変遷期であったためと思われる。1947年に現在のU.S.AIR FORCEとなる。

⑥所有:ここではカプコンとしている。コピーライトを表す(C)もしっかり入っている。

そして、もう一つ重要な事、刺繍糸の色です。通常B-6は黒地に白糸の刺繍ラベルが多いのですが、このラベルは黒地にオレンジ糸の刺繍。「これは一般のB-6とは違うSPECIAL(特別)バージョンですよ」と言う意味を込めています。某有名フライト・ジャケットメーカーでもたまにスペシャルモデルなんかでこの手法を使ったりして分けています。

このラベルを見るとこのレオン・ボンバージャケットの身元がはっきりと明記されています。世にさまざまなレオン・ボンバージャケットが出回っていますが、オフィシャルはこのジャケットだけです。

東京コミックコンベンション

11月30日~12月2日にかけて幕張メッセで開催された東京コミック・コンベンションに参加させて頂きました。
東京マルイさんのブースを間借りしての初参加です。
11月29日(木)は業者搬入日。夕方でも会場内のブースはまだセット最中です。グッズ販売も多いので、おびただしいグッズが会場に運び込まれています。

展示の映画版バンブルビーもまだ組み立て途中。

組上がるとこんな感じで大迫力。

そして11月30日から開催です。開場前、すでに沢山の方が並んでまっていました。

今回「ロボコップ」の主役ピーター・ウェラー氏もゲストの一人として来日。本人を生で見る事が出来ました !! 感激です !!

会場には実際に映画で使われた物の展示がいっぱい。

実際に映画ターミネーターで使われたT-800とシュワちゃんが実際に乗ったハーレー・ファットボーイの展示

バック・トゥー・ザ・フューチャーのデロリアン。

展示中の映画バンブルビー。映画のサイズとほぼ同じ大きさ。


ブースには黄色系コスチュームのお姉さんと小さいなバンブルビーがお出迎え。
会場内にもすごいクォリティーのバンブルビーさんが。

こちらのデッドプールさんとコミック版ウルバリンさんは一般のコスプレーヤーさん。クォリティーが半端ねぇ!!

チャッキーもいるよ。

やっぱりスターウォーズは大人気。映画「ハン・ソロ」で意味深に登場したダース・モールと戦い、
カイロ・レンに刺されるハン・ソロごっこをしつつ

実写版パトレイバーで使用された等身大「98式AVイングラム」(全高約10メートルの警察用人型ロボット)のデッキアップイベントを
見る合間にお仕事をさせて頂きました(実際はお仕事の合間に会場内を回ったのですよ !!)

最後にお世話になった東京マルイさんと記念写真

御来場の皆様、参加者の皆様 お疲れさまでした。来年も必ず行きます !!

サバイバルゲーム

公私共に忙しく、しばらくブログ更新できませんでした。
さて、どこから行きましょうか。

古い順に書いて行きましょう。

先々週の土曜日、サバイバルゲームに参加してきました。

場所は西武園遊園地内にあるフィールド タフ・ゾーンです。
いつも行っていた相模湖プレジャーフォレストのサバゲ・フィールドが無くなってしまったのですが、西武園遊園地内にもフィールドがあってお誘い頂きました。近くて非常に良いですね!!

フィールドも起伏や森地域があったり変化に富んだ面白いフィールドです。

この日集まったのは約30名ほど。全員主催者のお知り合いやお仕事関係者です。僕も一人で参加したのですが、サバゲ友達やお知り合いの方が何人もいらっしゃったので良かったです。

この日は戦闘用に作られたデニムをサバゲでテストしたかったので、下はデニム、上はフリースでPMCっぽい感じにしました。両袖にアンブレラのワッペンを付けました。


これは高台の方から撃ちおろしている所ですね。

弊社で作らせて頂いたバイオハザード6  BSAA隊長 クリスのTシャツ着用の主催者様。


友人の大ちゃん。潜む時は「俺はいない俺はいない」とつぶやきながら気配を消していました忍者の心得ですね。カムイ外伝にも
書かれていました。
拡大写真

元電動ガン関係のお仕事をしていたので、銃のカスタムも得意。サバゲとスターウォーズをこよなく愛する人です。


BLACK装備で固めたチーム。楯も装備して凄いですね。しかも敵チーム。

お昼休憩には豪華プレゼントが当たる抽選会もありました。LEVEL4からもMA-1ジャケットをご提供させて頂きました。某ゲーム会社勤務の方の主催が伺われるプレゼントですね。

そして当たった商品を早速着用して午後のゲームです。


分かりにくいですが、頭にかぶっている動物系のフードですね。

このゲームで発覚 !! 愛銃TOKYO MARUI CQB-Rがどうも寿命なようです。
試射でお隣のP-90の弾道と僕のCQB-Rの弾道を比べると全く違う~~!! 僕のは弾道がバラケル~。

このCQB-R、購入してすぐに自家塗装。そして自前ハイサイクル・カスタム→1日で壊れて修理。その後4~5年使うと言う愛着のある銃なのです。

しかし !!  後でTOKYO MARUIの友人に聞いたら「そりゃ~寿命ですよ。直すより買い換えた方が安くて性能も上がりますよ」ですって。ガ~~~ン !!

しかし、形ある物には寿命がある。ここは思い切って買い換えを考えよう。次はどの銃にしようかな~

そして、1日サバゲをした同じ日の夜、アメリカから取引先さんが来日していて会食のお約束をしていたので行ってきました。
ちょっとした懐石割烹のお店です。
とても美味しかったのですが、疲れと酔いで後半は良く覚えていません~~

東京マルイ フェスティバル 5th

先週東京マルイ フェスティバル 5th にお邪魔しました。※大変申し訳ございません。写真が上手に撮れていません。雰囲気だけでもお伝えできればと思います。どうかご容赦ください。

東京マルイさん単独でのイベントも5回目の記念すべきイベントです。
場所は秋葉原のど真ん中に位置するべルサーレ。中央通り沿いの目立つ場所です。

秋葉原の駅方面から向かいましたが、会場の前面に広報車として新たに導入したと言うオリジナルカスタムが施されたランドクルーザーTOKYO MARUI PRSV 02が。ミリタリービークルでも見かけるようになった凸凹の特殊塗料でオールペンされ、カンガルーバンパーなどめちゃくちゃカッコいいです。しかもリアハッチからはガンケースが飛び出るワンオフガンラック付き。さすが広報車もおもちゃのような楽しさが表現されています。予算があればこんな広報車欲しいですが、まだまだ夢のまた夢ですね。

遊び心はこれに留まらず、名物広報氏のフィギュアまで!!

中に入るまでにさらに驚き !!
実物リトルバードの展示 !! 攻撃強襲用ヘリコプターMH-6です。まるでアメリカで開催されるショットショーのブースです。

写真撮ってしまいました。

ようやく中に入ります。一般入場の方は安全のため持ち物・身体検査がありますが、関係者パスを頂いていましたので、すんなり入る事が出来ました。

会場内は大盛況 !! 御来場の方々をかき分けるように奥のステージに向かいます。

今回の目玉は来年発売予定のMk46 Mod.0 。分隊支援火器minimiですね。本当にお見苦しい写真で申し訳ありません。


それと人気のAKシリーズ、AKS-47。共に次世代電動ガンです。
そしてステージ上の大画面でPVが流れ、新製品説明トークショーです。ステージ前はまさに黒山の人だかり。

広報の刑事(ケイジと書いてデカ)島村さんがかなりイカしたヘアースタイルで登場。Mk46 mod.0の開発秘話やポイントなどを発表。

本場アメリカでコンバット・シューティングトレーニングを習得しているだけあって、銃器の取り扱いはプロです。

東京マルイさんはカプコン・バイオハザードのコラボも力を入れていますので、大きなスペースでBIOHAZARD RE:2の発売告知も。

今回LVEL4ではスタッフの皆さんが着用している別注のウィンドブレーカーと、Tシャツの製造でお手伝いさせて頂きました。
納期の迫る中、BODYを手配し、5thの記念刺繍ワッペンを海外工場に発注している間にプリント。ワッペンが空輸で届いてから国内の加工屋さんで縫い付け。製品も納期も問題なく納める事が出来ました。ありがとうございました。

今回のイベントの感想は、一言「新製品欲しい~~ !!」でした。


寒くなってきました。皆様もお風邪など引かぬようにお気をつけくださいませ。

鈴木 悟さんプロレスデビュー

ようやく怒涛の納品が終わりました。

企画~発注~生産管理~荷受け~出荷までと長い行程でしたが、無事に発送出来ました。
なかなか時間が取れずブログも少し空いてしまいましたが、10月31日レースを一緒にやっている友人の鈴木 悟選手がプロレスのリングにデビュー。応援に行ってきました。会場は神奈川県・とどろきアリーナ、HEAT-UP『障がい福祉青少年育成チャリティー大会~川崎炎上シリーズ とどろきの乱~』


鈴木選手は「子供の頃の夢だったプロレスラー」の夢をかなえたデビュー戦です。
子供の頃の夢を実現。なかなか夢を実現できる人って少ないのではないでしょうか?
そう考えると女の子が言う「お嫁さんになりたい」と言う夢は、子供なのにかなり現実的に人生設計をしていると言えるのかも知れません。小生などは子供の頃、大人になったら何になりたいか? 言い換えると数十年後のビジョンは? 目標の実現のために具体的なステップを考え、今やるべき事をする。などと言う事など毛頭考えた事も無く、学校の先生に授業で強制的に「大人になったら何になりたいか?」と聞かれた時は「ごんキツネになりたい」と言ったのは覚えています。そうして生きてきた私にとって、子供の頃の夢を実現し、リングに上がった悟選手は一層まぶしく輝いて見えました。

ゴリマッチョだった悟選手もプロレス用にウェイトを増やし、遠くから見ても二まわりは大きく見えました。
ゴングが鳴り、いきなり場外乱闘で滅多打ちされる悟選手。これはやばいかも!?と思われた次の瞬間!!

出た!! デビュー戦に向け密かに開発したであろう「SSC(SUZUKI SATORU CYCLON)」

ボクシング、シュートボクシングで日本一になったパンチの嵐!!

プロレスルールは顔面へのナックル(グーパンチ)は禁止ですが、ボディ(首から下)へのナックルは禁止ではありません。
ですが、あまりの連打からか、これ以上は危険との判断からかレフリーが止めに入りました。

ここでヒール(悪役)なら勢いでレフリーもパンチしちゃって反則負けなのでしょうが、さすが悟選手。
「WHY!?」

この後もさらに攻撃されましたが、最後は鮮やかなスモールパッケージで勝利!!
デビュー戦を鮮やかに飾りました。

プロレス、久しぶりに見に行きましたが興奮しますね !!
みなさんも鈴木 悟選手を応援に行きましょう !!

レベルフォーレーシング 最終戦

レベルフォー唯一の広報活動とも言えるバイクレースですが、早くも今年の最終戦が終わりました。時を同じくしてMOTO GPも年間チャンピオンがREPSOL HONDAのマルク・マルケスに決まりましたね。
マルケスは3年連続、5回目の年間チャンピオンです。マイク・ヘルウッド、ジャコモ・アゴスチーニ、ケニー・ロバーツ、フレディー・スペンサー、マイケル・ドゥ-ハンなどなど天才ライダーの歴史の中でも際だって感じます。いつの時代も天才と呼ばれるライダーはいましたが、マルケスと同時期にレースをしているライダーはちょっと不運と思えるほど速いですね。

そして、我がレベルフォーレーシングチームの最終戦は… 結果から言いますと18台中8位。非常に微妙な順位です。ベストタイムは決して遅くは無いのですが、やはり体力的な問題で最後まで集中が続きませんでした。ランニングを始めてまずは体力作りをします  !! バイクレースは見ているよりも実際はかなりハードなスポーツで、レースが終わった後は疲労で身体が上手く動かない程です。

しかも今回は参加のスタッフが少なくほとんど写真がありません。あまり面白く無いと思いますが、写真の無いブログもなんですので、ある写真だけでもアップ致します。

まずは朝の6:30ゲートオープンを待つ列。かなり遠方からも来る方もいました。

駐車場に車を止めるとホンダ・ステップワゴンが4台 !! 一番手前がレベルフォーのステップワゴンですが、前・その隣・またその隣も同型のステップワゴン。やっぱりサンデーレーサーに人気ですね。ハイエースを除くと、この型のステップワゴンが一番使いやすいのです !!

そして受付と車検です。マシンが安全に走行できるかなどをチェックします。無事に車検を通りました。

そして決勝レースです

今回気温が下がった事もありキャブのメインジェットを1番上げて見ました。1コーナーの進入時にリアが不安定な感じだったので、リアサスのプリロードをもう少し調整した方が良い感じでした。1コーナーの進入が安定すればあと1秒縮められると思います。
2ストなので混合ガソリンを使用していますが、今後もオープンクラスに出るのであればパワーを上げるため割合を少し見なおしてみても良いかもしれません。

レース終盤、僕を含め3台で競っていた1台めのバイクが第2コーナー進入でスリップ転倒、2台めを走っていたバイクがそこに突っ込み転倒。この3台が接近して何週かしていて、3台めを走っていた僕は先頭を走っていたライダーが疲れでライン取りが安定しなくなっていたのに気づいていました。「抜くなら最終コーナーから1コーナーにかけてで、それまでちょっと危なっかしいから気を付けよう」と思った矢先、前車転倒。「やっぱりやったか !」と思う余裕があるくらいでしたが、急ブレーキしても止まれずに転倒車に接触。この一瞬の気持の準備でなんとか転倒せず、すぐに再スタート出来ました。

そんな事もありましたが、無事に今年のレース活動は終わりました。

来年こそ優勝目指して頑張ります !!

ロックマンX メタルキーホルダー

ロックマン ドットキーホルダーに続き、ロックマンX メタルキーホルダーも販売中 !!
ロックマンXは今年から来年にかけて25th記念イヤーなのです。
平面の凹凸のロックマンドットキーホルダーに対し、ロックマンXは立体です。

こちらも大きめの重量感のあるキーホルダーですが、立体感もかなりの物です。

マットシルバーのロックマンに対し、こちらは古美銀(アンティーク・シルバー)メッキです。
ななめ横から見た感じでも立体感が良く分かると思います。

こちらも鍛造成形です。鍛造とは熱した金属をハンマーでたたいて成形する方法ですが、今はハンマーでたたく代わりにプレス機で行います。分かりやすく言いますと、昔刀を作っていた手法ですね。

こちらも商品になるまで苦労しました。

まずは依頼用のデータ作成。

最初はロックマンと同じに平面をベースにしたデザイン。企画が進むにつれ、ヘルメットの丸い感じを出すため、球面状に立体にしよう!! と言う事になり、データを作り直し。

もっとヘルメットらしく丸みを大きくしよう!!
と言う事になり、かなりの立体感となりました。

塗装無しのサンプル。 ヘルメットの上の方は厚く、逆に顎の方は薄くなるように成形。


上の写真は裏側の(C)表記が抜けています。金型を作り直します。
同時にお客さまに万が一の怪我が無い用に裏側の角を全てなだらかに修正。

最初のメッキサンプル。つやつやのメタリックです。この後古美銀に決まり、最終的に
販売商品となりました。

裏面にもしっかり(C)表記が入り、鋭角だったエッジ部も全て丸くました。(メッキ前のサンプルです)

25th ANNIVERSARYらしく存在感のあるキーホルダーです。

ロックマン30周年キーホルダー

日本だけでなく、アメリカでも熱狂的なファンを持つロックマン。
今年もう30周年なんです。30年って年月、すごいですよね。

しかも今年は11作目のナンバリングタイトル「ロックマン11」が発売されます。

30周年記念グッズも沢山販売されますが、レベルフォーでもその中のいくつかを製造させて頂いています。

中でもお気に入りなのがメタルキーホルダー。

キーホルダーの中ではかなり大きめなサイズで、ズシリとくる重量感。ロックマンは身長132㎝で体重が105㎏と人間と比べるとかなり比重が重いので、そちらを表現しています。
まるで超合金レベルです。(本当はロックマンの素材、ライト・セラミカルチタン合金で作りたかったのですが、探しても市場に素材が流通しておりませんでした。※ライト・セラミカルチタン合金は実在の金属ではありません)

鍛造(たんぞう)です。熱した金属に圧力を掛けて成型しますので鋳造(ちゅうぞう)に比べ強度が高いです。

表面、裏面、サイド面全てにマットシルバーでメッキされています。
厚い部分で6㎜もあります !! この存在感 !!

ちなみにメッキされていない状態ですとこんな感じです。

ジョイント部分の荷重テストも行います。

迫力のキーホルダーを是非コレクションに加えてください。

東京ゲームショウ2018

9/20~23の4日間、千葉の幕張メッセで開催された東京ゲームショウ。ご参加された皆様お疲れ様でした。

レベルフォーも前日の搬入日を含めますと5日間、お手伝いで参加させて頂きました。
この間、LEVEL4-Shopのご発送業務をお休みとさせていただき、ご迷惑をお掛けいたしました。大変申し訳ございませんでした。
納品も滞りなく済み、今年も無事に終わる事が出来ました。本当に感謝です。

簡単に東京ゲームショウ2018をご紹介させて頂きます。

まずは搬入日。開催に向け出展者や業者の方が夜遅くまで準備をします。

ここから翌日の開催日までにブースを仕上げるのですね。いつ見ても凄いです。

こちらは別棟9ホールの物販ブースへ納品です。

ゲームショウは限定や先行販売も楽しみの一つです。

そして木曜日、金曜日はビジネスデイ。この日は販売店やプレス、関係者だけが入れる日です。一般日と比べるとものすごく空いています。新作のゲームなどを試遊して発注数を決めたりするのですね。

そしていよいよ土日の一般公開日。4日間でのべ約30万人の方がいらっしゃいますが、一般公開日はすごい数の方がいらっしゃいます。外国人の方も増えました。

人気はバイオハザード2 RE:2ブース。

スタッフのTシャツはLEVEL4で制作させて頂きました。
ブースには警官ゾンビが !!

こちらの警官ゾンビの着けているワッペンもLEVEL4で制作させて頂いたものです。

隣は東京マルイさんのシューティングレンジ。

バイオハザード2と言えばデザートイーグル。新たに東京マルイさんから発売が決まりましたね !!

その他いろいろゲームを見て回ります。

今回の注目は

キムタクが主演のゲーム、
JUDGE EYES:死神の遺言。龍が如くのシリーズのようです。面白そうですね !!

そして恒例の龍が如くのコンパニオンさん。

龍が如くのコンパニオンさんを選考する方とはいつも同じ嗜好です。


大好きなゲーム「ボンバーマン」と記念撮影。


ロックマン30周年の記念で新作ロックマン11が発売されます。ステージには昔からお世話になっている方も登場していました。


一方、物販ブースの方も盛況のようで、どんどん完売商品が出ていました。今回LEVEL4ではバイオハザード、ロックマン、ストリートファイターで商品を制作させて頂きました。

あの小島監督率いるコジプロも物販していました。


ゴッドイーターの前でいつものポーズ。

こんな調子で、盛況のうちに今年もゲームショウが終わりました。