ステップワゴン リアパネル修理

なんと、また車をこすってしまいました😿

バックモニターは付いてるのですが、注意散漫でした。
スーパーの駐車場の一番隅っこのスペースにバックで止めようとしたら、その駐車場が斜めに狭くなっていたのに気が付きませんでした。

修理に出すとまた数万の痛い出費になりますので、自分で修理してみます。


左後ろパネルを見事にこすりました。(もう外した状態の写真です。)
パネルを外さず、パテで盛って塗装の方法もありますが、中古パネルを買って交換した方が格段に安くて速いと思います。

ネットで色々調べてみたのですがまだ新しい型なのか、外し方が出てきません。
でも今の車はパネルごとに外せるようになっているはずなので、自力でやってみます。
ちなみに交換用のパネルも中古で数千円でオークションで購入し、傷のあったところは純正色で塗装しました。

パネルはネジを外すとあとは爪で止まっているだけなので素人でも外すことが出来ました。

中古で購入したパネルを外した時の要領で取り付けて完成です。

すっかり綺麗に治りました!!
思い切ってDIYしてみて良かったです。

古い車はBODYが鉄でできていますので、こう言う場合は全て板金での修理でした。最近の車はこんな感じでプラスチックのパネルでできているので素人でも簡単に修理できてしまいます。
あの素晴らしい板金技術を持った職人さんも徐々に減っているのでしょうね。そう思うと時代の移り変わりとはいえ、寂しい気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください