サンプル作製

暑い日が続いていますね。

去年全滅した家庭菜園のスイカも徐々に大きくなってきました。今年は食べれる大きさに育ちそうです。

そんな暑い中、今進めているTシャツのプリント工場さんへサンプルのチェックに行ってきました。
(すみません、工場さんで版下の修正データを作ったりしていたので、写真を撮る時間がありませんでした。)

メールで送信した版下を元に、製版屋さんに製版して頂いた版で今度はプリント工場さんが色を調整しながらサンプルプリントをして頂きます。が、フルカラーでどうも色の出方が良くない感じでした。

色数が少ない物は良いのですが、フルカラーのデザインをシルクスクリーンでプリントして色を出すのは本当に大変です。

今回はとある人気キャラクターのフルカラープリント。発色を重要視しているゴジラ関係は転写プリントを使う事が多いのですが、今しかかっているのはアメリカでも人気のキャラクターなのでアメリカっぽいシルクプリントで行きたいのです。

インクジェットや昇華プリントも増えて来ましたが、それぞれ特色がありますのでどの柄をどのプリントで表現して行くかも悩む所です。

プリント工場ではシルクスクリーンプリントをしたあと、ベーキングマシン(高温で強制的にインクを乾燥させる)に掛けますので、工場内もかなりの室温となります。私もバンダナで額の汗を拭きながら版下データを修正しました。

何枚も色を調整しながら刷ってくれたファーストサンプルを見ながら版の修正です。この後製版屋さんが来てくれ、私、プリント工場の社長さん、製版屋さんのご担当者さんとだいの大人3人が集まって今回のTシャツに取り組みました。

どんな苦労や手間が掛っても、お客様になるべく良い製品をご提供できるよう頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください