体型維持

暑くなって俄然Tシャツの出番が多くなりましたね。

レベルフォーでもTシャツは数多く販売しておりますが、一口にTシャツと言いましても様々ございます。

キャラクターグッズを扱い始めた20年前はほとんどがバイオハザードのアイテムでしたので、舞台であるアメリカの雰囲気を生かすため、アメリカのAnvil(アンビル)のBODYを使用していました。 アメリカのTシャツでは他にもジェームス・ディーンが愛用していた事で有名なHanes(ヘインズ)や同じくアメリカのブランドFruit of the loom(フルーツ・オブ・ザ・ルーム)が有名ですね。南部アメリカで栽培されていた綿花をニッティングしてアメリカから世界に輸出されていました。

ただアメリカの専売特許のようだったTシャツは丸胴の天竺編みが多く、斜行(洗濯すると斜めにねじれてくる)事も多かったのです。日本でもTシャツの需要が伸びるに伴い、生産拠点は人件費の安い中国に移っていく事になります。当初の中国製はやはり本家アメリカの質感には遠く及びませんでしたが、品質を重視する日本の繊維メーカーが技術指導し続け、今やアメリカの製品を質・価格ともに追い越してしまっています。

近日発売のバイオハザードTシャツ。年々増加する海外のお客様もターゲットにしたデザインです。

とTシャツの話が長くなってしまいましたが、タイトルの体型維持に話を戻さないといけませんね。

Tシャツや他のアパレルも全てサイズがあります。このサイズ、JIS規格でも各サイズの数値が出ています。ブランド各社でもそれぞれ細かく決めていますが、ほぼどこも同じです。服をなにも付けないサイズ(ヌードサイズ)によって各ブランドでサイズを決めているのです。

レベルフォーの場合は当然私がサンプルを着てサイズ感を測る事になります。
ちなみにJISのMサイズの基準は
身長:165~175㎝
胸囲:88~96㎝となっています。
ウェスト:75~85㎝(ウェストのみJAPCO規格引用)
身長176㎝、胸囲96㎝、ウェスト77㎝の私はJIS規格のMサイズにぴったり当てはまるのです。(もちろん腕の長さや首など個人差の大きな部分はございますが)

なのでサンプルなどを試着した際、標準のMサイズを基準に各寸法を決めるのに非常に役立っているのです。

Tシャツを含め、衣服のサイズ感はとても大事です。これがお客様の手に渡る製品に少しでも活かされればと思い、日々の食事や運動など今の体型を維持するように気を付けています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください